トップページ > 1960年代(昭和35-44年), 工事, 日比谷線 > ブルドーザーとクラムシェル掘削

ブルドーザーとクラムシェル掘削

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:日比谷線
駅:
車両:
カテゴリ:工事

支保工にH形鋼を使用し支保工の間隔を広げたため、ブルドーザーによる坑内作業が可能になった。さらにクラムシェル(バケットを二枚貝のように開閉して土砂をつかみ掘削する機械)も使えるようになり、作業能率を高めることができた

関連画像

日比谷線工事風景

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:日比谷線

日比谷線工事風景

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:日比谷線

代官山付近工事

年代:1963(昭和38)年
路線:日比谷線

南北線市ケ谷駅付近開削工事

年代:1990(平成2)年
路線:南北線

日比谷線03系華火ライナー

年代:1998(平成10)年
路線:日比谷線

ページのTOPへ