トップページ > 1960年代(昭和35-44年), 工事, 日比谷線 > ブルドーザーとクラムシェル掘削

ブルドーザーとクラムシェル掘削

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:日比谷線
駅:
車両:
カテゴリ:工事

支保工にH形鋼を使用し支保工の間隔を広げたため、ブルドーザーによる坑内作業が可能になった。さらにクラムシェル(バケットを二枚貝のように開閉して土砂をつかみ掘削する機械)も使えるようになり、作業能率を高めることができた

関連画像

丸ノ内線 国会議事堂下ルーフシールド工法

年代:1950年代(昭和25-34年)
路線:丸ノ内線

お堀のある街

年代:1968(昭和43)年
路線:有楽町線

試運転をする300形車両

年代:1961(昭和36)年
路線:丸ノ内線

地下鉄建設工事のイラスト

年代:1926-1940(昭和元-15)年
路線:銀座線

丸ノ内線建設工事 御茶ノ水駅付近

年代:1951-1952(昭和26-27)年頃
路線:丸ノ内線

ページのTOPへ