トップページ > 1990年代(平成2-11年), 南北線, 工事 > 南北線 抱き込み式親子泥水シールド

南北線 抱き込み式親子泥水シールド

年代:1996(平成8)年
路線:南北線
駅:
車両:
カテゴリ:工事

このシールドは白金高輪~麻布十番間で使用したもので、複線の本線部トンネルと、留置線を有する3線部トンネルの両方を構築するために開発された。
径の異なる連続した区間を親機(外径14.18m)と子機(外径9.70m)を有する1台のシールドで施工することで経済性の向上を図った

関連画像

開削工事

年代:1997(平成9)年
路線:南北線

都電が走る工事現場

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:日比谷線

日比谷駅の路下式潜函工事

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:日比谷線

南北線9000系 車両外観

年代:1991(平成3)年
路線:南北線

さようなら3000形車両

年代:1994(平成6)年
路線:日比谷線

ページのTOPへ