トップページ > 1970年代(昭和45-54年), 三越前, 半蔵門線, 工事 > 開削工法による駅施設工事

開削工法による駅施設工事

年代:1975(昭和50)年
路線:半蔵門線
駅:三越前
車両:
カテゴリ:工事

アースアンカー工法後の、室町付近開削工事風景。
国道交差部での駅施設工事は、アースアンカー工法を用いた路面覆工後、その下を開削工法により行われた

関連画像

西日暮里駅周辺

年代:1970(昭和45)年
路線:千代田線

中目黒行3000形車両

年代:1971(昭和46)年
路線:日比谷線

半蔵門線8000系運転台

年代:年代不詳
路線:半蔵門線

偏心多軸式泥土圧シールド機

年代:2001(平成13)年
路線:半蔵門線

大手町~霞ケ関開通式

年代:1971(昭和46)年
路線:千代田線

ページのTOPへ