トップページ > 1970年代(昭和45-54年), 三越前, 半蔵門線, 工事 > 開削工法による駅施設工事

開削工法による駅施設工事

年代:1975(昭和50)年
路線:半蔵門線
駅:三越前
車両:
カテゴリ:工事

アースアンカー工法後の、室町付近開削工事風景。
国道交差部での駅施設工事は、アースアンカー工法を用いた路面覆工後、その下を開削工法により行われた

関連画像

土留め杭打ち

年代:1950年代(昭和25-34年)
路線:丸ノ内線

東西線工事風景

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:東西線

初めての自動改札機

年代:1974(昭和49)年
路線:丸ノ内線

日比谷線建設工事 日比谷付近航空写真

年代:1962-1963(昭和37-38)年頃
路線:日比谷線

地下鉄建設工事のイラスト

年代:1920-1926(大正9-15)年
路線:銀座線

ページのTOPへ