トップページ > 1970年代(昭和45-54年), 6000系, 千代田線, 車両 > 千代田線車両のキャブシグナル

千代田線車両のキャブシグナル

年代:1971(昭和46)年頃
路線:千代田線
駅:
車両: 6000系
カテゴリ:車両

千代田線では、地上に信号機を設置する方式に替わり、運転士が信号を確認しやすく、細かい速度指示が出せるキャブシグナル(車内信号方式)が初めて採用された

関連画像

1000形車両内部

年代:1928年(昭和3)年
路線:銀座線

神田川河底工事

年代:1972(昭和47)年
路線:有楽町線

前照灯が1灯の2000形車両

年代:年代不詳
路線:銀座線

試運転をする300形車両

年代:1961(昭和36)年
路線:丸ノ内線

渋谷駅ポイント工事

年代:1976(昭和51)年
路線:半蔵門線

ページのTOPへ