トップページ > 1970年代(昭和45-54年), 中野坂上, 丸ノ内線, 設備 > 初めての自動改札機

初めての自動改札機

年代:1974(昭和49)年
路線:丸ノ内線
駅:中野坂上
車両:
カテゴリ:設備

中野坂上駅に自動改札機を設置し、改札業務の機械化に向け試行を開始した。
ラッシュ時の対応、ゲートの設置場所、改札機に有効な乗車券等課題が多くあったが、将来の改札自動化に向けての第一歩となった

関連画像

中目黒行3000形車両

年代:1971(昭和46)年
路線:日比谷線

大型商業街

年代:1970(昭和45)年
路線:丸ノ内線

半蔵門線の通る街

年代:1973(昭和48)年
路線:半蔵門線

綾瀬駅外景

年代:1971年(昭和46)年
路線:千代田線

千代田線全通と相互直通運転発車式

年代:1978(昭和53)年
路線:千代田線

ページのTOPへ