トップページ > 1960年代(昭和35-44年), 工事, 木場, 東西線 > 木場駅始端部立坑から見た駅部シールドトンネル

木場駅始端部立坑から見た駅部シールドトンネル

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:東西線
駅:木場
車両:
カテゴリ:工事

木場駅はシールド区間の中央で、永代通りの舟木橋と沢海橋にはさまれた一番深いところに位置し、駅部もシールド工法により施工し、両端に立坑を潜函によってつくり、駅施設をもうけることとし、工事中は作業基地に利用することにした

関連画像

南阿佐ケ谷駅付近の工事

年代:1961(昭和36)年頃
路線:丸ノ内線

仲見世の夜

年代:1960(昭和35)年
路線:銀座線

抱き込み式親子泥水シールドマシン

年代:1997(平成9)年
路線:南北線

日比谷線隅田川鉄橋工事

年代:1961(昭和36)年
路線:日比谷線

後楽園駅付近の夜間工事

年代:1990年代
路線:南北線

ページのTOPへ