トップページ > 1960年代(昭和35-44年), 浅草, 街の様子, 銀座線 > 浅草の風物詩

浅草の風物詩

年代:1960(昭和35)年
路線:銀座線
駅:浅草
車両:
カテゴリ:街の様子

年の瀬の風物詩として、毎年12月の17~19日に浅草寺境内で開催される羽子板市の風景。
古くは「歳の市」と呼ばれ、境内に多くあった正月用品や縁起物を売る店で買い物をすることを吉例とする人々で賑わった。
現在は「羽子板市」としてその名残をとどめている

関連画像

家紋を眺める人々

年代:1973(昭和48)年
路線:銀座線

アルミ合金製5000形車両

年代:1968(昭和43)年
路線:東西線

朝顔市

年代:1961(昭和36)年
路線:日比谷線

路面電車が走る小伝馬町駅付近

年代:1967(昭和42)年
路線:日比谷線

新橋ストア

年代:1960(昭和35)年
路線:銀座線

ページのTOPへ