トップページ > 1950年代(昭和25-34年), 300形, 丸ノ内線, 茗荷谷, 車両 > 地上部を走る丸ノ内線車両

地上部を走る丸ノ内線車両

年代:1954(昭和29)年
路線:丸ノ内線
駅:茗荷谷
車両: 300形
カテゴリ:車両

丸ノ内線300形車両が3両編成で茗荷谷~後楽園間の地上部を走っている風景。
この車両は最新の技術を取り入れ、真っ赤なボディと白地にステンレスの波模様を
配した斬新なデザインで当時の鉄道車両のイメージを一新した

関連画像

開業を控えた方南町駅

年代:1962(昭和37)年
路線:丸ノ内線

上野駅出入口

年代:1957(昭和32)年
路線:銀座線

駅構内に設置した公衆電話の利用風景

年代:1956(昭和31)年
路線:

解体中の300形車両

年代:1988(昭和63)年
路線:丸ノ内線

丸ノ内線 国会議事堂下ルーフシールド工法

年代:1950年代(昭和25-34年)
路線:丸ノ内線

ページのTOPへ