トップページ > 1960年代(昭和35-44年), 3000形, 南千住, 日比谷線, 車両 > パンタグラフをつけ相互直通運転に備える日比谷線車両

パンタグラフをつけ相互直通運転に備える日比谷線車両

年代:1961(昭和36)年
路線:日比谷線
駅:南千住
車両: 3000形
カテゴリ:車両

日比谷線3000形車両は、地上部を走る会社線との相互直通運転を行うため、地下鉄で初めてパンタグラフによる集電方式を採用した。
また、車体も初めての無塗装ステンレス製であった

関連画像

開業を控えた人形町駅

年代:1962(昭和37)年
路線:日比谷線

後楽園駅外景

年代:1961(昭和36)年
路線:丸ノ内線

日比谷 公園側

年代:2011(平成23)年
路線:日比谷線

丸ノ内線車両

年代:1973(昭和48)年
路線:丸ノ内線

地質調査

年代:1959(昭和34)年
路線:日比谷線

ページのTOPへ