トップページ > 2000年代(平成12年以降), 半蔵門線, 工事, 錦糸町 > 偏心多軸式泥土圧シールド機

偏心多軸式泥土圧シールド機

年代:2001(平成13)年
路線:半蔵門線
駅:錦糸町
車両:
カテゴリ:工事

半蔵門線錦糸町~押上間の工事では、粘性土層を掘進することからこの当時、世界最大径の9.6メートルとなる偏心多軸式泥土圧シールド工法を採用した。
また、掘進による土砂を開削部の埋め戻しに再利用するなど、環境に配慮した工事を実施した。
写真は錦糸町側に到達したシールド機前面の様子

関連画像

レール交換工事

年代:1995(平成7)年
路線:東西線

半蔵門線開通式

年代:1978(昭和53)年
路線:半蔵門線

丸ノ内線建設工事 銀座数寄屋橋付近

年代:1957(昭和32)年
路線:丸ノ内線

代官山付近工事

年代:1963(昭和38)年
路線:日比谷線

茅場橋潜函工事

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:日比谷線

ページのTOPへ