トップページ > 1980年代(昭和55-平成元年), 300形, 中野富士見町, 丸ノ内線, 車両 > 解体中の300形車両

解体中の300形車両

年代:1988(昭和63)年
路線:丸ノ内線
駅:中野富士見町
車両: 300形
カテゴリ:車両

1954(昭和29)年に池袋~御茶ノ水間が開業して以来、活躍してきた300形も車体更新工事や台車などの取り換え工事を行って使用してきたが、老朽化のため、02系車両への置き換えとなり1988(昭和63)年から順次廃車となった。
写真は中野工場での解体中の様子

関連画像

6000系試作車両

年代:1968(昭和43)年
路線:千代田線

霞ケ関駅開業に向けて

年代:1958(昭和33)年
路線:丸ノ内線

工事中の駒込駅付近

年代:1988(昭和63)年
路線:南北線

半蔵門線8000系運転台

年代:年代不詳
路線:半蔵門線

半蔵門線 半蔵門~三越前間開通式典

年代:1989(平成元)年
路線:半蔵門線

ページのTOPへ