トップページ > 1980年代(昭和55-平成元年), 300形, 中野富士見町, 丸ノ内線, 車両 > 解体中の300形車両

解体中の300形車両

年代:1988(昭和63)年
路線:丸ノ内線
駅:中野富士見町
車両: 300形
カテゴリ:車両

1954(昭和29)年に池袋~御茶ノ水間が開業して以来、活躍してきた300形も車体更新工事や台車などの取り換え工事を行って使用してきたが、老朽化のため、02系車両への置き換えとなり1988(昭和63)年から順次廃車となった。
写真は中野工場での解体中の様子

関連画像

車両基地建設

年代:1960(昭和35)年
路線:丸ノ内線

丸ノ内線ルーフシールド組立

年代:1950年代(昭和25-34年)
路線:丸ノ内線

デザインパネルで飾られた豊洲駅ホーム

年代:1988(昭和63)年
路線:有楽町線

御茶ノ水 外堀通りから

年代:1965(昭和40)年
路線:丸ノ内線

銀座線から丸ノ内線へ

年代:1981(昭和56)年
路線:丸ノ内線

ページのTOPへ