トップページ > 1980年代(昭和55-平成元年), 三越前, 半蔵門線, 工事 > 土木工事が完了した三越前駅

土木工事が完了した三越前駅

年代:1982(昭和57)年
路線:半蔵門線
駅:三越前
車両:
カテゴリ:工事

シールド工法で土木工事が完成した三越前駅の様子。
この駅の工事は駅始終端部の立坑をシールド発進基地として、両立坑間(ホーム部分延長251.8m)を外径8.0mの単線シールドトンネル2本で並列に掘進し、中間部をルーフシールド工法で連結する島式ホームのメガネ型で造られた

関連画像

荻窪駅南口

年代:1962年(昭和37)年
路線:丸ノ内線

西船橋駅ホーム拡幅工事

年代:1980年代
路線:東西線

東西線中野へ

年代:1964(昭和39)年
路線:東西線

蛎殻町付近のイコス工事

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:日比谷線

丸ノ内線建設工事 池袋駅東口付近

年代:1951(昭和26)年
路線:丸ノ内線

ページのTOPへ