トップページ > 1960年代(昭和35-44年), 丸ノ内線, 工事, 方南町 > イコス工法による地下鉄工事

イコス工法による地下鉄工事

年代:1961(昭和36)年
路線:丸ノ内線
駅:方南町
車両:
カテゴリ:工事

地下鉄建設の工法は一般に杭打ちによる開削工法であるが、今後の建設に最新の技術を導入するため、丸ノ内線の分岐線の一部でイコス工法(長方形のコンクリート壁を土中に形成する建設施工)を試みた。
写真は掘削孔に鉄筋体を降ろし、コンクリートを打ち壁を作る作業をしている様子

関連画像

北青山シールド貫通式

年代:1976(昭和51)年
路線:半蔵門線

霞ケ関~恵比寿間開通式

年代:1964(昭和39)年
路線:日比谷線

東西線車両の吊り下ろし搬入

年代:1964(昭和39)年
路線:東西線

01系花火ライナー

年代:1998(平成10)年
路線:丸ノ内線

南千住駅出入口

年代:1969(昭和44)年
路線:日比谷線

ページのTOPへ