トップページ > 1960年代(昭和35-44年), 丸ノ内線, 改札, 方南町 > 開業を控えた方南町駅

開業を控えた方南町駅

年代:1962(昭和37)年
路線:丸ノ内線
駅:方南町
車両:
カテゴリ:改札

開通を控えた荻窪線分岐線(現:丸ノ内線)方南町駅改札風景。
当時の改札業務は改札口、出札所に係員を配し、人による旅客への対応を行っていた

関連画像

丸ノ内線 国会議事堂下ルーフシールド工法

年代:1950年代(昭和25-34年)
路線:丸ノ内線

パンタグラフをつけ相互直通運転に備える日比谷線車両

年代:1961(昭和36)年
路線:日比谷線

荻窪駅南口

年代:1962年(昭和37)年
路線:丸ノ内線

東陽町駅改札口

年代:1967(昭和42)年
路線:東西線

東陽町駅出入口

年代:1967(昭和42)年
路線:東西線

ページのTOPへ