トップページ > 1960年代(昭和35-44年), 工事, 日比谷, 日比谷線 > 日比谷駅の路下式潜函工事

日比谷駅の路下式潜函工事

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:日比谷線
駅:日比谷
車両:
カテゴリ:工事

日比谷駅付近は軟弱地盤であったことに加え、真上を日比谷通りと晴海通りが交差し建設当時は都電も通り、非常に交通量が多かったため、路面覆工下にすべての設備を収納した路下式潜函という工法を採用し建設が進められた

関連画像

銀座駅案内板

年代:1964(昭和39)年
路線:銀座線

交通量の多い数寄屋橋付近の工事

年代:1963(昭和38)年
路線:日比谷線

地下鉄工事風景

年代:1926(大正15)年
路線:銀座線

首都高速道路近接工事

年代:1990年代
路線:南北線

三連シールド工法で施工した駅部の工事

年代:2001(平成13)年
路線:半蔵門線

ページのTOPへ