トップページ > 1960年代(昭和35-44年), 代々木公園, 千代田線, 工事 > 代々木公園留置線工事

代々木公園留置線工事

年代:1969(昭和44)年
路線:千代田線
駅:代々木公園
車両:
カテゴリ:工事

代々木公園下に千代田線車両を留置する側線工事の様子。
代々木公園留置線工事は大規模なアースアンカー工法を採用した。
これは掘削幅が広く、切梁工法より経済的であることや、大々的な機械化施工が可能で大幅な省力化が図れることから無覆工による大規模機械掘削で施工した

関連画像

交通量の多い数寄屋橋付近の工事

年代:1963(昭和38)年
路線:日比谷線

東西線工事風景

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:東西線

地下鉄工事風景

年代:1926(大正15)年
路線:銀座線

丸ノ内線開通式

年代:1954(昭和29)年
路線:丸ノ内線

神田川河底工事

年代:1972(昭和47)年
路線:有楽町線

ページのTOPへ