トップページ > 1960年代(昭和35-44年), 千代田線, 工事, 根津 > 不忍通り柱列式地下連続壁工事

不忍通り柱列式地下連続壁工事

年代:1966(昭和41)年
路線:千代田線
駅:根津
車両:
カテゴリ:工事

千代田線が通る不忍通りは幅員が16.5mと狭く、路面には都電の軌道やトロリーバスの架線が通っていた。また軟弱な地盤で、家屋が密集している地域でもあったので、それまでの打込み式による杭打ちに替わり、写真のようなアースオーガーを使用して地面をせん孔し、杭を建込む柱列式地下連続壁工法で施工した

関連画像

朝の混雑風景

年代:1960(昭和35)年
路線:丸ノ内線

中野駅前

年代:1966(昭和41)年
路線:東西線

地下40mでの工事

年代:1975(昭和50)年
路線:半蔵門線

雪景色

年代:1967(昭和42)年
路線:丸ノ内線

半蔵門線 土木工事が完了した半蔵門駅コンコース

年代:1981(昭和56)年
路線:半蔵門線

ページのTOPへ