トップページ > 1950年代(昭和25-34年), 300形, 丸ノ内線, 茗荷谷, 車両 > 地上部を走る丸ノ内線車両

地上部を走る丸ノ内線車両

年代:1954(昭和29)年
路線:丸ノ内線
駅:茗荷谷
車両: 300形
カテゴリ:車両

丸ノ内線300形車両が3両編成で茗荷谷~後楽園間の地上部を走っている風景。
この車両は最新の技術を取り入れ、真っ赤なボディと白地にステンレスの波模様を
配した斬新なデザインで当時の鉄道車両のイメージを一新した

関連画像

旧ホーム最後の日

年代:1960(昭和35)年
路線:丸ノ内線

新造車両の搬入の様子

年代:1950(昭和25)年
路線:銀座線

神田川を渡る橋梁工事

年代:1950年代
路線:丸ノ内線

地質調査

年代:1959(昭和34)年
路線:日比谷線

南阿佐ケ谷駅付近の工事

年代:1961(昭和36)年頃
路線:丸ノ内線

ページのTOPへ