トップページ > 1950年代(昭和25-34年), 丸ノ内線, 工事, 御茶ノ水 > 御茶ノ水駅付近で都電の線路を下受けしながらの工事

御茶ノ水駅付近で都電の線路を下受けしながらの工事

年代:1950年代(昭和26-29年)
路線:丸ノ内線
駅:御茶ノ水
車両:
カテゴリ:工事

戦後の東京で初めての地下鉄路線である丸ノ内線池袋~御茶ノ水間の工事風景。
この写真は、昼間に自動車を通行止めにして行われた、仮の路面を作る工事(路面覆工)の様子。
当時、都内で営業していた都電の線路の仮受け方法もよく分かる。
交通量の多い今では、昼間に道路を通行止めにして工事を行うことは考えられない

関連画像

陸送される400形車両

年代:1956(昭和31)年
路線:丸ノ内線

御茶ノ水駅外景

年代:2012(平成24)年
路線:丸ノ内線

豊洲駅付近の工事

年代:1980年代(昭和55-平成元年)
路線:有楽町線

改良工事風景

年代:1960(昭和35)年
路線:丸ノ内線

秋葉原駅付近の土木工事

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:日比谷線

ページのTOPへ