トップページ > 1950年代(昭和25-34年), 丸ノ内線, 工事, 銀座 > 丸ノ内線建設工事 銀座数寄屋橋付近

丸ノ内線建設工事 銀座数寄屋橋付近

年代:1957(昭和32)年
路線:丸ノ内線
駅:銀座
車両:
カテゴリ:工事

工事中の数寄屋橋付近。
この辺りは交通量が多く、さまざまな制約を受けての工事であった。
数寄屋橋は、高速道路の建設に伴ってお濠が埋め立てられ、橋も取り壊されたが、「数寄屋橋」という名称は交差点などで現在も使用されている

関連画像

地下鉄建設工事のイラスト

年代:1926-1940(昭和元-15)年
路線:銀座線

陸送される400形車両

年代:1956(昭和31)年
路線:丸ノ内線

東西線 大手濠付近潜函工事

年代:1964(昭和39)年
路線:東西線

トンネル中柱耐震補強鋼板巻き

年代:1996(平成8)年
路線:丸ノ内線

直通分岐駅工事

年代:1978(昭和53)年
路線:有楽町線

ページのTOPへ