トップページ > 1950年代(昭和25-34年), 丸ノ内線, 工事 > トンネルの鉄筋組立作業

トンネルの鉄筋組立作業

年代:1950年代(昭和26-34年)
路線:丸ノ内線
駅:
車両:
カテゴリ:工事

開削工法によるトンネル工事は、掘削完了後、トンネルの下面と側面に防水層を施工し、その内側に鉄筋を組み立て、コンクリートを打ち、最後に頂部防水層と保護コンクリートを施工して構築を完成させる。
この写真はトンネル下床部の鉄筋組立作業の様子

関連画像

後楽園駅ビル工事

年代:1990(平成2)年
路線:丸ノ内線

豊洲駅付近の工事

年代:1980年代(昭和55-平成元年)
路線:有楽町線

貨物線と交差する工事

年代:1950年代(昭和25-34年)
路線:日比谷線

運転室

年代:1955(昭和30)年頃
路線:丸ノ内線

東西線工事風景

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:東西線

ページのTOPへ