トップページ > 1970年代(昭和45-54年), 中野坂上, 丸ノ内線, 設備 > 初めての自動改札機

初めての自動改札機

年代:1974(昭和49)年
路線:丸ノ内線
駅:中野坂上
車両:
カテゴリ:設備

中野坂上駅に自動改札機を設置し、改札業務の機械化に向け試行を開始した。
ラッシュ時の対応、ゲートの設置場所、改札機に有効な乗車券等課題が多くあったが、将来の改札自動化に向けての第一歩となった

関連画像

警視庁前

年代:1972(昭和47)年
路線:有楽町線

試運転をする300形車両

年代:1961(昭和36)年
路線:丸ノ内線

東京駅丸の内側

年代:1966(昭和41)年
路線:丸ノ内線

レールを運ぶ

年代:1975(昭和50)年
路線:東西線

南阿佐ケ谷駅付近の工事

年代:1961(昭和36)年頃
路線:丸ノ内線

ページのTOPへ