トップページ > 1960年代(昭和35-44年), 工事, 東西線, 行徳 > 高架橋の基礎工事

高架橋の基礎工事

年代:1968(昭和43)年頃
路線:東西線
駅:行徳
車両:
カテゴリ:工事

行徳地区は地盤が軟弱なため、高架線建設には多くの鉄筋コンクリート柱を投入して基礎工事が行われた

関連画像

開通間近の大手町駅

年代:1966(昭和41)年
路線:東西線

新橋ストア

年代:1960(昭和35)年
路線:銀座線

羽子板市

年代:1963(昭和38)年
路線:銀座線

丸ノ内線ルーフシールド組立

年代:1950年代(昭和25-34年)
路線:丸ノ内線

建築限界測定

年代:2007(平成19)年
路線:副都心線

ページのTOPへ