トップページ > 1960年代(昭和35-44年), 工事, 日比谷, 日比谷線 > 日比谷駅の路下式潜函工事

日比谷駅の路下式潜函工事

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:日比谷線
駅:日比谷
車両:
カテゴリ:工事

日比谷駅付近は軟弱地盤であったことに加え、真上を日比谷通りと晴海通りが交差し建設当時は都電も通り、非常に交通量が多かったため、路面覆工下にすべての設備を収納した路下式潜函という工法を採用し建設が進められた

関連画像

路面電車が走る仲御徒町駅付近

年代:1966(昭和41)年
路線:日比谷線

木場駅始端部立坑から見た駅部シールドトンネル

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:東西線

南北線 抱き込み式親子泥水シールド

年代:1996(平成8)年
路線:南北線

さようなら3000形車両

年代:1994(平成6)年
路線:日比谷線

新橋ストア

年代:1960(昭和35)年
路線:銀座線

ページのTOPへ