トップページ > 1950年代(昭和25-34年), 丸ノ内線, 国会議事堂前, 工事 > 丸ノ内線 国会議事堂下ルーフシールド工法

丸ノ内線 国会議事堂下ルーフシールド工法

年代:1950年代(昭和25-34年)
路線:丸ノ内線
駅:国会議事堂前
車両:
カテゴリ:工事

丸ノ内線、国会議事堂下。工事は深い位置を掘るため開削工法に代わり、地下鉄建設で初めてルーフシールド工法を採用した

関連画像

中ノ橋潜函工事

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:日比谷線

北千住付近

年代:1960年代(昭和35-44年)
路線:日比谷線

荻窪線開通式

年代:1961(昭和36)年
路線:丸ノ内線

中野新橋駅出入口

年代:1972(昭和47)年
路線:丸ノ内線

均一運賃を表示した浅草駅出札所

年代:1950(昭和25)年
路線:銀座線

ページのTOPへ